お知らせ調布市で駅から近い小児科をお探しならぜひ麻生こどもクリニックへ。お子様のご様子をよく伺い,状態に関する適確な情報をご家族にお伝えします。

メインイメージ

お知らせ


◆◇◆お知らせ◆◇◆~~~~~~~~~~


◎一般診察
 ・予約のある方を先に診察しております。
 ・予約のない方は:
  予約の方の間に診察しております
  お待ちになる場合がございますのでご了承ください。

◎健診・予防接種はご予約が必要です。
 キャンセルの場合もご連絡下さい。 

◎6月以降の健診・予防接種の予約
 ネット予約にいたします。
 電話予約はおこないません。
 現在準備中です。

◆◇◆一般診察のご案内◆◇◆~~~~~~~~~~

《診察時間》

午前は9:00~12:00,午後は15:00~17:30です。

《診察の受付時間》

午前は8:45~11:45,午後は14:45~17:15です
受付時間内にご来院下さい.
受付時間は都合により早く終了する場合がございます.
お子様をお連れになりご来院下さい.

◆◇◆一般診察の予約について◆◇◆~~~~~~

  ・ご利用なさるに当たり登録が必要です。
  ・最初に『会員登録』をおこないます。
  ・そのあとに『診察券番号登録』をおこないます。
  ・事前に登録をおこなっておくことをおすすめします。
    ↓こちらから診察の予約のページに進みます。
《 【診察の予約】はこちらから 》

◇◇予約をなさった方はその時間にお子様とご一緒にご来院下さい。
◇◇土曜日は予約はおこないません。直接ご来院下さい。
◇◇ご注意
  予約の時間に間に合わなかった場合、キャンセル扱いになります。
  ご了承下さい。

◇◇予約の受付開始時間
  午前は7時30分、午後は14時にはじまります。
◇◇予約のない方は予約の方の間に診察をいたします。
  予約のない方の待ち時間はわかりませんのでご了承ください。
◇◇予約が取れない、『停止中』になっている場合
  予約は、いっぱいになるととれなくなります。
  直接ご来院下さい。

◇初診の方:予約をご利用になれません。
  午前は11時まで、午後は16時30分までにご来院下さい。
◇メールでのお知らせ
  予約が完了したときにメールが届きます。ご確認ください。

◆◇◆予防接種・健診のご案内◆◇◆~~~~~~~~~~

◎事前にご予約が必要です。
◎キャンセルの場合、ご連絡下さい。
 (市の健診などのために連日健診をおこなうことができず、健診ご希望の方にはご迷惑をおかけいたしております)

◆◇◆内分泌疾患等の診察のご案内◆◇◆~~~~~~~~~~

身長が小柄,思春期が早い・遅いなどの内分泌疾患のご相談・診察の場合,
こちらで来院される時間をご相談させていただく場合がございます.
受診される前にご連絡ください.宜しくお願いいたします.

◆◇◆駐車場のご利用について◆◇◆~~~~~~

近隣の『えのき駐車場』の駐車場サービス券をお渡ししています.

診察,予防接種,健診,検査結果の方にサービス券をお渡ししています.診察終了時に受付に駐車券をご提示ください.
えのき駐車場はクリニック専用の駐車場ではありません.
満車のこともございますのでご注意ください.
他の駐車場のサービス券はお渡ししておりません.

◆◇◆ワクチン◆◇◆~~~~~~~~~~

■■1回目の乳児の予防接種の一案■■

生後2ヶ月すぎから接種をはじめます
初回のワクチンだけ,まず決めましょう.2回目以降は初回の接種の時にプランをたてましょう.
(1)一般的に定期接種のヒブ・肺炎球菌・B型肝炎が最初のワクチンでしょう.
(2)生後2ヶ月でしたら任意(有料)のロタをいっしょに接種をなさいますか?

=>接種のプランを決めるとき次のことをご注意ください
〇ロタは任意で有料です. ご家族が接種するか決めなければなりません.
〇同時接種はOKですか? 一度に何種類まで同時に接種なさいますか?
〇ロタを接種なさるなら,初回は生後15週未満が推奨です.

生後2ヶ月すぎの予防接種の組み合わせは以下の通り
保育園入園,有料などの社会的事情もお考えいただきお選びください.
①ヒブ,肺炎球菌,B型肝炎(全て定期接種・無料)
②ヒブ,肺炎球菌,ロタ,B型肝炎(ロタは有料)
③ヒブ,肺炎球菌(全て定期接種・無料)
④ヒブ,肺炎球菌,ロタ(ロタは有料)
=>迷われる場合には①で開始してロタを次の回から追加する方法もあります.
ただしロタを接種なさるなら,初回は生後15週未満が推奨です.
同時接種はお避けになりたい方はヒブ,肺炎球菌の別々の接種は当然可能です.

■初回の接種の時に2回目以降のスケジュールをご相談して決めましょう.
■予防接種には有料のワクチンがあります.
有料の注射はご家族にお決めいただいてます.
■すべてを接種しなければいけない訳ではありません.ご事情に合わせて必要なワクチンを選んでもいいのではないでしょうか.
■余分なストックはありませんので,当日に種類を追加することは難しいです.ご了承ください.
■予約がうまっている場合は、ご希望の時間に接種できない場合がございます.

●ロタワクチン
当院では ロタテック(MSD)を使用しています(3回接種です).
HPはこちら⇒ http://35-rota.jp/
初回の接種は可能ならば生後14週6日までが推奨です.生後32週までに3回接種が必要です.
口から飲む生ワクチンです.
腸重積になったことがある赤ちゃんは接種することができません.

■■1歳からの予防接種■■

生後1歳を過ぎると再度、予防接種がはじまります.
接種することが出来る予防接種は・・・
・ヒブ・肺炎球菌・MR(麻しん、風しん)・水痘・四種混合 これらは法定接種で無料です.
・おたふくかぜ,B型肝炎は任意接種のために有料です.
・ひとつの案としては 
(1)MR(無料)+水痘(無料)
(2)MR+水痘+おたふくかぜ(有料)からはじめてはどうでしょうか.

ヒブ、肺炎球菌もありますので何回かに分ける必要がありそうです.

・四種混合は最後の接種から6ヶ月で接種できますが通常は1年の間隔を開けます.
・ヒブは最後の接種してから7ヶ月開けます.
・いずれも同時接種は可能です.

●日本小児科学会の予防接種スケジュール例です.

◎◎◎http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf

●国立感染症研究所の予防接種プランです(ちょっと細かいです)

◎◎◎http://www.nih.go.jp/niid/ja/rubella-preschedule.html

◇◆◇最近のワクチン情報や変更点など◇◆◇~~~~~~

↑ワクチンプランもご覧ください.↑

●●はしか(麻疹)
国内のはしかは一時収まっていましたが、海外よりはしかが入ってきます.
また、最近流行が各地で確認されています.
1歳になったら最初の予防注射でMRワクチンの優先度は高いです.

●●B型肝炎ワクチン
無料になるのは(1)今年の4月以降の生まれで (2)1歳未満の場合です.
B型肝炎ワクチンは3回接種をおこないますが、(1)~(3)に当てはまらないと無料にならないので、
タイミングによっては1回だけ無料、ということがあります.
また、任意(有料)で接種可能です。

●●水痘ワクチン(水ぼうそう)定期接種(無料)です
お子様が対象になっているかご確認ください.
 対象:生後12月から36月未満(この間に2回)
   基本的には水痘にかかった子ども達は対象外です.
 間隔:最低3ヶ月以上、標準は6~12月の間隔で2回接種します.
・生後12月以上ですでに1回接種している場合、生後36月までに3ヶ月以上開けてもう1回接種します.
・生後12月以上で3ヶ月未満の間隔で2回接種の場合、生後36月までに接種できます.

●●肺炎球菌ワクチン
25年11月から今までより多くの種類の肺炎球菌に対応するように変更されました.
○定期接種は自動的に更新されています.
○定期接種が終了したあと,6歳以下の子ども達にさらに追加接種することが出来ます.この場合は有料です.
http://haienkyukin.jp/

●●おたふくかぜのワクチン(任意・有料)
2回接種をなさいますか?
MRワクチンと同じように2回接種することができます.
おたふくかぜにかかると難聴になる場合がありますので注意しましょう.

●●BCGの接種
接種部位に薬液をたらすので接種後乾燥させる必要があります.
他の予防接種より時間がかかるので曜日を決めています.(お問い合わせ下さい)

■■予防接種はご案内しやすくなりました.
25年3月まではヒブ,肺炎球菌は実は任意接種で有料でした.
ほとんどのかたが接種されるのですが接種の最終判断はご家族に決めていただいていました.
十分に情報が伝えることができなくてごめんなさい.
現在は・・・
乳児の最初の予防接種は法定接種のヒブ・肺炎球菌さらにB型肝炎も加えて接種します.
有料のロタを接種するかお考えください.
法定接種(無料)が増えると皆さんの迷いも減ってよいのですが.
これからも情報をしっかりと発信しお伝えできるように努力して参ります.
よろしくお願いします.

◆◇◆流行◆◇◆2018.5.22~~~~~~~~~~

■■明らかな流行は■■

(多い症状は)下痢、嘔吐、発熱。喉が痛い。せき・ぜいぜい。
(多い病名は)急性胃腸炎(ウイルス性)。気管支炎。溶連菌感染症。
・胃腸症状の風邪、多いです。腹痛(+嘔吐)+発熱も多いです。
・溶連菌・発疹、胃腸症状などを認めやすいです。
・気管支炎 増えています。  

【はしか】調布付近の流行はありません。
・0歳児の予防接種をなさっていない方、人混みには注意しましょう。
・連休後、どこに拡散されるかも心配です。
・1回しか注射をしていないご両親世代の方も注意して下さい。

◆肺炎 大きいお友達の咳き込み、発熱が多いです.マイコプラスマの可能性があるかもしれません.
◆RSV タンがらみ,ミルク量が減る場合は注意です.
◆気管支炎も多い傾向にあります。

◆◇◆病気について◆◇◆~~~~~~~~~~

〇病原性大腸菌〇
診断は急性胃腸炎で、その胃腸炎の原因が病原性大腸菌ということです。
大腸菌は通常、腸に存在する細菌ですが胃腸炎の原因になる細菌が病原性大腸菌です。
その中で特に O-157など毒素によって重症になる場合があるため重要です。

〇胃腸炎〇
原因はウイルスや細菌です.
有名なウイルスはノロ、ロタ、アデノ.
細菌(ばい菌)ではカンピロ、サルモネラ、病原性大腸菌です.
症状によっては培養(細菌)の検査、抗生物質が必要になります.

〇胃腸炎の時は〇
吐いたときにはすぐに水分を摂らせないようにしましょう.
お母さんは吐いた後にすぐに飲むことが出来ますか?1回吐いたからといって急に脱水になることはないでしょう.
ちょっと時間をあけてから飲ませたらどうでしょうか.
大人はからだに負担にならない方法を知っていて,それをしらないうちに実践しています.
吐いた後すぐに飲んだりしない,食べるときも胃腸に優しいものを選んでいますよね.
元気をつけるためにたくさん食べて・・とすると弱った胃腸は悲鳴をあげてしまいます.

〇自家中毒〇
胃腸炎の時などにエネルギー不足になると体調が悪くなったり吐きやすくなります.
胃腸炎などの時に水分を少しずつ飲みますが、その時は糖分の入った飲料がベターでしょう.
ちょっと食べられそうならゼリーなどどうでしょう.

〇長引く下痢〇
胃腸炎は乳児の場合,数週間続くことは珍しくありません.しかし,ミルクアレルギー,乳糖不耐症の可能性を考える必要があります.

〇胃腸炎が拡がる〇
ノロ,ロタでも,それ以外でも感染の拡散と予防が大切です.小まめに手洗いをして嘔吐物は塩素系を使いましょう.
●ノロウイルスとその感染予防について読んでみましょう.
◎◎◎
http://idsc.nih.go.jp/disease/norovirus/taio-a.html

〇溶連菌感染症〇
必ず高熱ではありません.微熱や上がり下がりの時や胃腸症状(おう吐や腹痛),頭痛,湿疹を合併することもあります.
意外と検査をしないと分かりにくいときがあります.
抗生物質の内服が必要です.

〇アデノウイルス感染〇
有名なアデノの感染はプール熱(咽頭結膜熱)で、発熱して喉の症状と目の充血です.
症状は発熱のみで喉はあまり赤くない・目だけ真っ赤で熱はほとんどない・など個人差もあります.
学校は休む必要があります.

〇気管支炎〇
夜間に咳がひどい、寝られない、肩で息をするは要注意です.
呼吸の回数、お腹がへこんで息をする、粗い息づかいも見つけましょう.
乳児,特に生後数ヶ月のRS気管支炎は痰が出にくくて苦しくなるので要注意です.
●気管支炎後も・・・夜間から朝に咳が残る,走る・泣く・はしゃぐ・騒ぐと咳が出ることが続くことがあります.
喘息と同様な症状の場合があるので注意が必要です.
乳幼児の場合,喘息とすぐに判断できない場合があります.
●マイコプラスマ肺炎 発熱がなくても肺炎の場合があります.長引く咳は注意です.
●ゼイゼイ喘息のような咳や気管支炎のお友達が増えています.相当咳が止まりにくいのでRSなどの可能性がありそうです.

〇RSウイルス気管支炎〇
大人も風邪としてかかります.小さい子ども達だと思った以上に痰がたまっていることもあります.
症状は個人差、年齢差がとてもでやすい病気かもしれません.
子どものうちにどうしてもかかってしまう病気だと思います.
RSのあとに、喘息になりやすい場合があります.皆さん、大事なく治ってほしいです.

〇はじめての喘息〇
喘息特有の咳、つまりゼイゼイが起きた場合はじめての発作になってしまっている場合もあります.
夜間の咳も強くなったり苦しくなりますから注意です.
当然、かぜや気管支炎がきっかけでゼイゼイするときがあります.
それ以外に気温、気圧、天候の変化、さらに運動によって引き起こされるときもあります.
大はしゃぎをしたとき、大笑い・大泣きをしたとき、学校の体育はどうでしょうか.
喘息のお友達でずっとコントロールをよくするために薬を続けていると発作が起きていない印象があります.
逆に最近発作がないので薬を休憩していて久しぶりに発作を起こすこともあります.
やはり喘息は予防が大事です.発作を起こしていなくてもお薬を飲む不安をお持ちになるかもしれませんが頑張りましょう.

〇長引く咳〇
・喘息のようになっている場合も考えなければなりませんが,
 副鼻腔炎(ちくのう)傾向であると気管支が過敏な場合,咳が誘発されやすくなります
・百日咳
 元来,乳児の特徴的な止まらない咳,の場合に疑う疾患です.
 乳児の百日咳は赤ちゃん同士でうつることもあるかもしれませんが,大人からうつっている場合が多いです.
 大人の百日咳は増えているのだと思いますが,気づかれなかった部分が表に見えてきた部分もあると思います.
 生後数ヶ月の百日咳では,特徴的な咳が認められずに顔色が悪くなる場合もあります.哺乳量や顔色,いつも通りかをみてあげましょう.
・異物
 咳が止まらない場合、区別しなければならない病気です。異物の種類やとどまる場所によって症状が異なります。
 多くの場合は咳、またはおう吐、もしくは無症状だとおもいます。
 おもちゃ、コイン、ボタン電池などのいわゆる異物で症状がでるのは考えやすいですが、食材でおこることもあります。
 ・少し前の夜間救急で1歳前の男の子が『何か喉に詰まって吐きたくても吐けない』。あーんしてみると喉の奥にオレンジの縦に数センチの物体。
  ニンジンでした。お母様にうかがうと、湯通しした程度でした。硬さがしっかり残って異物のようになってしまいました。
  離乳食は舌と上あごでつぶせる硬さに注意しましょう。

〇難聴〇
おたふくかぜになって難聴になる場合があります.有効な治療法がないので予防が大切です.
小児病院時代にご家族全員,お子さんがかかったおたふくかぜで難聴になった方がいらっしゃいました.
幼児期の難聴なのでご家族は大変なご努力をされていたのを記憶しています.
ヒブ,肺炎球菌ワクチンも大切,ポリオワクチンの話題も大切なのですが・・・,おたふくかぜワクチンはそういう意味で重要なのです.
予防注射,色々ありますが今一度,なぜ大切かも考えてみましょう.そうすると優先順位がわかるかもしれません.
是非とも公費(無料)になって欲しいワクチンです.お友達からうつしてもらって・・・は心配です.

〇くる病について
最近、減ってきていた病気の一つでしたが増えてきている可能性があります.
(1)わかりやすい症状は脚(下肢)の変形です.赤ちゃんはO脚に見えやすいですが1歳を超えるとO脚の診断はつきやすくなります.
(2)一般的なくる病はビタミンDの不足が原因です.ビタミンDが十分にあるのに反応しにくいタイプもありますが多くはありません.
~ 母乳・ビタミンD・日光浴・離乳食 がキーワードだと思います. ~
どれかが極端なことがなければ栄養のアンバランスが原因の一般的なくる病は発症しにくいと思われます。
(3)例えば母乳栄養だけの赤ちゃんはたくさんいます.全員がくる病にかかるのではありません.すべての原因が母乳栄養ではありません.
(4)ビタミンDが働くためには日光が必要です.完全に日焼け止めで防御してしまうとビタミンDが十分に働けない場合があります.
(5)離乳食は理由なく遅くに始めることはよくありません.母乳で不足する可能性がある部分を補うことが必要です.
(6)アレルギーのためにきつい制限食をしている場合には注意が必要かもしれません.担当の先生と相談しましょう.少なくとも無用の除去食をすることは避けなければなりませんね.無用の除去(偏食)は低栄養の原因になることがあります.
(7)様々なことがからんで発症することがあるわけですが,日焼け止めばっちりでほとんど日光浴しないなど極端なことをしなければ発症はしにくいはずです.除去食はご注意くださいね.わかりにくいことはご相談ください.
(8)日焼けによる弊害が分かってきた最近,悪い点だけにポイントを絞ることは危険かもしれません.それぞれの要因にプラスとマイナス,両方あると言うことだと思います.

〇誤嚥
誤嚥予防のため節分の豆を3歳までは食べないで・・・と呼びかけがありますが5歳ならば平気なのか、って思います。
年齢が低いからトラブルが起こりやすいのは当然なのですが、もう一つはどうやって食べるか、も大切と思います。
例えば豆まきは、豆を鬼にまいて、鬼から逃げて・・・と騒ぎながら。そしてそのときに豆を一口。泣いたり笑ったりして口の中の豆を吸い込んでしまう。
落ち着いて静かにして食べましょうね。
赤ちゃんも同じです。口の中に何か入っているのを見つければ当然、お母さんは焦ります。
焦って大きな声を出すと赤ちゃんはびっくりして泣く、息を吸う。そうすると気道に詰まってしまいます。
そっと近寄って取り除けば良い場合もあります。
喉の途中につかえて苦しくなるより胃袋に入ってしまえば平気な物もあります。
豆は誤嚥ばかりでなく鼻の中や耳の中に入れたりもします。ご注意を。

■■エピペンをお使いになるお友達へのお知らせ■■
いつエピペンを使うか判断が難しいとお考えの方は多いと思います.
エピペンを持っているお友達は副反応より使った方が大切と考えている方々です.
日本小児アレルギー学会が指針を発表しています.迷ったら投与が大切かもしれません.守れる,救える命ですから.
◎◎◎
http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=63
(以下抜粋です)次の症状が一つでもあったら使用しましょう.
○消化器症状・繰り返す嘔吐・我慢できない腹痛
○呼吸器の症状・喉や胸が締め付けられる・声がかすれる・犬の遠吠えのような咳・強い咳き込みが続く・ぜいぜい・息がしにくい
○全身の症状・唇、爪が青白い・脈が触れにくい、乱れる・意識がもうろうとする・ぐったり・尿や便をもらしてしまう

◆◇◆育児◆◇◆~~~~~~~~~~

  個人的に思うこと、最近お母さん方が心配なさっていたこと。(少しずつ加筆します)
(1)育児はマニュアルのような正解はきっとないのだと思います。
特に初めてのお子さんだと不安も尽きないと思いますがご家族が経験すること全てが必ず糧になります。
ご自分のお子さんについて一番、接している時間が長いのはご家族です。自信を持って育児をしましょう。
私やスタッフは経験でほんの少し微調整をしてお手伝いすることができるかもしれません。
(2)私が言うのも生意気かもしれませんが、育児は楽しくやりましょう。
(3)兄弟やお友達に病気をうつさないようにするのは大切ですよね。清潔にと言われても分かりにくいですね。
日々の生活で無菌には当然できませんから、やはり基本は手洗いとどこが汚染されたかな?という考えだと思います。
(4)排便は間隔は個人差があるでしょうが、いきんでも出にくい場合は治療が必要と思います。
(5)「下痢じゃないけどウンチが柔らかい」とお母さんがおっしゃいます。いつも通りのウンチでなければ下痢かもしれません。
 回数が増えるだけなら平気と思いますが軟らかくなってきたら注意しましょう。
(6)吐きやすい。病気でない場合、ゲップが出にくいことが一番でしょう。小分けに出す赤ちゃんもいます。個人差ですね。
 なかなか止まりにくいときは病気を区別しましょう。
(7)声。赤ちゃんにはいつも周りの声が届いています。いっぱいお話ししてあげましょう。読み聞かせも楽しいですね。
ご家族の笑い声、私は大切だと思います。診察室でもお母さんが笑うとニヤニヤしはじめますよね。
(8)離乳食。ここだけの話、最初は食べなくて当たり前です。イライラしてはいけません。
ご飯の時間、楽しい時間にしましょうね。
(9)母子手帳 相当、いろんな情報が入っています。当然、発達の目安になりますね。
書いてあること全て、健診の時に出来ないといけないとは思っていません。ちょっと早い子も、ちょっと遅い子も当然います。
独り歩き。だいたい1歳くらいに歩いていると安心しますが、母子手帳は1歳6ヶ月に書いてありますね。発達は個人差もあって時間も大切です。
(10)■■お母さんの言葉■■
『こどもの様子がいつもと違う』,とよく言われます.奥が深い言葉です.
「いつも」を知っていらっしゃることは当然とても大切です.「いつも」を知らないと調子が悪いのかわからないのですから.
皆さんは改めて勉強しなくてもお子さんの状況を把握されていて病院にいらっしゃいます.
お母さん方は知らないうちにお子さんのいつもを見ていますし身につけています.それが育児なのだと思います.
例えば,呼吸の回数を毎日測っていなくても気管支炎のときには呼吸が苦しそう・・・と来院されます.病状とはそういうなかに隠されているかもしれません.
これからもお母さん(いや,お父さんも)やこども達から私達医師はいろんなことを教えていただかないといけません.
お母さんの情報が診察の役に立つのだと思います.いつもを知っているお母さんの言葉は大切です.
(11)■■いつ病院に行くか■■
●●「こんなことで受診して・・・」ってうかがいますがご家族がご心配なときが受診のタイミングだと思います.
お母さんがお子さんをお育てになった経験やこども達の体質はみんな違います.
なので緊急時は別としてもこのようなときに受診,というマニュアルは実際は作れません.
ご心配なときには受診をして平気だったら合格のハンコをもらうことも大切かもしれません.
●●ご家族のご都合も当然あるのですが,前日や朝から調子悪かったりご心配の状況が続いている場合には,夕方まではお待ちにならない方がいいかもしれません.
もし調子が非常に悪くて総合病院にご紹介するような場合,夕方からだと詳しい検査が出来ない場合がありますからこども達には負担がかかってしまいます.
ご注意くださいね.

◆◇◆そして・・・◆◇◆~~~~~~~~~~

■食堂車の日

新幹線のビュッフェ、いつも混雑していましたっけ。知らない方も多いですよね。

■TESS

どのような星☆が見つかるでしょうか。楽しみですね。

■幼児番組

ポンキッキも終了のようです。名曲もいっぱいありました。

■ホーキング博士

スタートレックのファンで本人役で出演していました。残念です。

■アイスホッケー

昔は実業団の試合もTV中継していました。アイホの映画は『スラップショット』、痛快です。

■時差

オリンピックの中継は早朝・夜中が多かったですよね。不思議な感じがします。

■軌道上に

テスラが走っているそうです。

■学級閉鎖

近隣の小学校では昨年末から学級閉鎖がありません。
 何が良いのでしょうか・・知りたいですね。

■伸びた2センチの身長

重力は重たいですね。それだけ骨に負担がかかります。しかしその負担は良い負担でもあります。

■京王新型

男の子にも、女の子にも人気のようです。電車は楽しいですね。

■寝ぼけて

うちのニャンコ。段ボールの寝床から落ちるし寝ながらヨダレをたらしちゃうし、まるで人みたいです。

■メロディー

新型小田急ロマンスカーの登場です。昔は地元を音を奏でながら走っていました。復活されるのでしょうか。

■声がれ

朝起きたらタンがからんでいます。ニャンコも乾燥には勝てないようです。

■冷たい

古い車に乗っているので壊れそうな予感を気にしています。
 予感は働きませんでした、ボタン押したら冷たい水が・ウォシュレット頑張れ。

■新型車両

早く乗ってみたいですね。お友達から激写も見せていただきました。
京急で通勤の時ボックス型の座席に乗っていましたが遠足のようで少し楽しいです。

■20年

カッシーニは7年かけて土星に到着しました。
膨大な情報を送ったそうです。お疲れ様でした。

■おたふくかぜ

何度かお伝えしていますが予防接種で防ぐ可能性が高い病気です。
 子供も大人も難聴になることもあります。ご注意ください。

■防災訓練

3日に開催され参加してきました。災害は起こらないことが望ましいのですが、仕事上でも大切な経験でした。

■細菌性腸炎

病原性大腸菌、カンピロ、サルモネラなどがあります。
色々な経路でかかります。
・調理途中のまな板や調理器具にはご注意下さい。
・焼き肉で肉を食べていない乳児が発症したことがあります。調理器具にも注意です。

■暑がりのニャンコ

明け方に寄り添ってきますが30分が限界。板の間でクーリングしています。

■アトピー性皮膚炎とたまご


日本小児アレルギー学会の提言で注意する点は
対象はアトピー性皮膚炎であり卵の食物アレルギーのベビーではありませんね。
スキンケアを十分にして肌の状態を良くしておくことが大切ということにつながります。

■携帯充電コード

ここ最近ニャンコが気に入っています。毎日5分位、コードを上手に抱えて舐めています。

■チョロチョロ

もう8歳になるのに落ち着きない。オシッコ、ご飯、走る・・。うちのニャンコはいつも子どもです。

■段ボール

お兄ちゃんニャンコはボロボロになるまで使っていましたが
若いボクはすぐに飽きちゃいます。性格って違いますね。

■トラピスト1

地球に似た惑星があるらしいですね。比較的近い40光年。

■節分の豆

小学生も小学校前の子も落ち着いて食べましょう。走りながら、騒ぎながら食べると吸い込んで誤嚥の原因になりますよ。
赤ちゃんが口の中に何か入れていて取り出したいときは、お母さんも落ち着いて口から出しましょう。赤ちゃんがびっくりして泣き出すと異物を吸い込んじゃいます。
豆は鼻の中、耳の中にも入れますよ。
(怖かった異物。灯油、ペンダント、5円玉、ピーナッツ)

■おトイレ

入る前後に走り回ります。滑ってケガが絶えないニャンコです。

■抱っこ

嫌いな子もいるのでしょうけど逃げなくても。面白いニャンコです。

■お気に入りの場所

ニャンコの場所が数ヶ月毎にかわります。なんかの野生の勘なのでしょうか。

■startrek

今回はいかがでしたか。またお一人、ファンが増えたかもしれません。

■ついていない電気ストーブ

暗い中でニャンコが座っています.ガマン出来なかったのでしょうね.かわいいです.

■思い出

どんな思い出ありますか?ひと、場所、時間・・・どれも大切にしましょうね.

■笑い

調布で歌丸師匠、円楽師匠の落語を見ました.皆さんと大声で笑いました.完璧に引き込まれました.
テンポ、声の強弱、表情・・・魔術のようでした.しっかりとしたお声でした.

■天気予報

天気図を指す棒.テレビの画面に向かってネコパンチ.特にお気に入りは平井さんです.

■耳

うちのネコ様は耳を触ってもらいたいらしいのです.自分のペースなので触ってもらいたいとき触らないと走り回ります.どう見ても怒っています.

■チェコフ(アントン・イェルチンさん)

スタートレック新作が公開目前だったのに残念です.

■Gotthard・ゴッタルド

17年かかったトンネルです.スイス鉄道SBB、色もカラフルで機関車も客車もかっこいいのです.

■BEYOND

予告編はネットででていましたが、ようやくテレビでも登場です.10月が待ち遠しいSTARTREKです.

■好き嫌い

昨日は食べたのに今日はもう・・・.ワガママなニャンコです.何度も起こされます.

■惑星

偶然少し前にCDを探していました.中学の頃に聞いたシンセサイザーの演奏は衝撃的でした.

■アレルギーの研修

学校、保育園の先生方の研修に出席しました.アレルギーのお友達が調布で良かった、と考えていただけるようにしなくてはと痛感しました.

■1999

ちょっと前は衝撃的なアーチストが多かったですね.またまた残念です.

■新幹線

久しぶりに九州新幹線CM見直しました.勇姿を待っています.

■風

第一小学校の桜.桜吹雪と言うより雨のように桜が降っています.1年生を色んな不安から守っているようですね.

■朝の声

新入生たちがはじけていますね.入学式の桜は久々ですね.楽しい学校生活を送りましょう.

■ELP

エマーソン氏、残念なことです.メロディーがとてもきれいです.クラシックをシンセサイザーで演奏するなんて思いもしませんでした.
今日はヘッドホンつけて大音量で聴きます.プログレは面白いですね.

■311

毎年この日が来ると、あの時どうしたらよかったか悩みます。いらしている皆さんの安全を確保することの大切さを、難しさを感じます.

■ぼくの近況

僕はクリニックの裏で拾われてから6年.兄弟がいなくなってひとりの僕はご飯の時と朝は必ず現れます.
朝は父ちゃんに思いっきり甘えます.うれしくてなぜかヨダレが出ちゃいます.手がべとべとです.
さらになぜか朝は鼻水が止まりません.そういえばそろそろ子分が欲しい気もします.ひとりより温かいしね・・・

■青ガエル

東急で使用後あちこちで活躍していましたがそろそろ引退のようです.私もお世話になりました、ありがとうございます。

■重力波

13億光年先のブラックホールのぶつかり合いを感知して.難し話ですが素晴らしい話です.

■Fantasy

当時、日本にはないハーモニーを大音量で聴いていました.ディスコブームもあって名曲ばかりです.残念です.

■Mustang

映画ブリットでS・マックイーンが乗りこなしていました.日本ではさらにお目にかかりにくくなる車種になりました.

■HOTEL CALIFORNIA

スタジオ録音とライヴがほとんど同じという演奏でした.聴くことが出来ないとおもうとまたまた残念です.

■Let's Dance

素敵な曲と衝撃的なファッションでした.最後の新譜聴いてみます.

■STAR ●●●●

この時期、STAR といえば、そうSTAR TREK。来年に映画公開予定ですね。こちらも同じくらい宣伝してくれても良いと思うのですが。

■6年前

12月1日診療所の非常口で拾い物をしました.猫好きと知ってか知らずかはわかりませんが出会ってしまいました.先住猫が2人いてそこそこ3人で仲良くやっていました。月日が経ち今は拾ってきたニャンコだけになってしまいました.昔は遠慮気味だったのに今では威張りくさっています.

■H2A-29th

新しい構造になったと聞いています.しかも連続成功というプレッシャーを押しのけて更に成功.この力が欲しいです.

■11月11日

ポッ〇ーの日でもありますが、今後は国産飛行機の記念日にもなりましたね.スタッフの思いを考えると涙が出そうになります.

→■エンテロウイルス

咳がひどくて,止まらなくてマイコプラスマの抗生剤が有効、RS検査が陽性のお友達もいます.
それ以外にも誘因があったということのようです.当然、季節の変わり目で寒暖差も誘因でしょう.たくさんの誘因や体質が重なって症状がでたのではないでしょうか.
エンテロウイルスは外来での迅速検査はありません.今までと同様に対症療法が中心になります.

■10月14日

鉄道の日です。知りませんでした。1872年の鉄道開業です。
ちなみに・・・緑の京王線には未遭遇です。

■宇宙

難解なニュートリノ、楽しみな火星の水からの宇宙の生物説、そしてスーパームーン.
まだまだ宇宙にはたくさんの[?]がつまっていますが次第に解明されていること。そして身近ではトヨタが自動運転、しかも高速道路で追い越しも出来る.
NCC1701 エンタープライズも夢ではないかもしれません.

■病気の季節感

冬の病気がだんだん1年中流行るようになっています.

■喘息

この季節の変わり目、気管支が過敏はお友達はゼイゼイしています.小さい頃すぐにゼイゼイした、喘息だったけど最近予防していない時は注意です.

■恒例の

小学生の児童達が通学路を清掃してくださいました.ありがたいですね,周囲がきれいになるとうれしくなります.汚さないようにしなければ.

■手足口病

一昔前は手足口に小発赤だったのが数年前から腕脚中心にお尻まで発疹、最近は発熱まででやすくなっています.だんだん手足口病は全身の病気になっているのでしょうか.

■火星から見る太陽

早朝の太陽はモヤの中、白くにぶく輝いていました.ちょっと旧いSF映画で観たようでした.

■いつウンチでましたか?

子ども達の便秘、痛みのため悪循環になって更にでにくくなります.ご注意を.

■Pluto

探査機が近づくのは初めてだそうです.どんな星なのでしょうか?何が見えるのでしょう?

■アイコンタクト

赤ちゃんの目は何を言っているのでしょう.一緒に笑いたいとき,不安なとき,確認したいとき.いろんなときにお母さん・お父さんの目を探しています.ときには,顔色をうかがうようなときもありますよね.

■防災

・クリニックには患者さん用のヘルメットや水、ブランケットを用意してあります.
・情報収集の大切さを痛感しました.色々なことを備えなければいけませんね.

■■good-bye and thank you, Mr.SPOCK■■

SPOCKだけでなくmission impossibleのパリスも好演でした. 
Mr.SPOCKは初めて会った地球外生命体です.驚きでした.NASAのHP,そして大統領までもコメントを寄せています.
本当に genesis があればいいのですが.残念ながら時間は流れています. live long and prosper.

■10年の旅

一昔ではありますがフィラエはどんなことを教えてくれるのでしょうか.はやぶさ2は2020年に何を持ち帰るのでしょうか.

□□保湿・スキンケア□□

やはり保湿は大切です.アトピー性皮膚炎の予防にやはり有効のようですね.保湿はある意味スキンケアのうちです.日々の積み重ねが大切です.ドライスキンの方は今まで通り続けましょうね.

□1歳からの予防接種

1歳になると法定接種(無料)の注射が再開されます.さらにこの時期はインフルエンザ(インフルエンザは6ヶ月以上です)をいつ接種するか皆さん迷われます.今まで通り年内に2回接種(間隔は最低2週間)でよいのではないでしょうか.生ワクチン(麻疹風しん、おたふくかぜ、水痘)のあとは4週間予防接種はできません.何が必要か優先順位を考えましょう.

■転落しそうに・・

若いにゃんこ.階段から危うく落ちかけたときに助けることができました.ニャンコの失敗、笑っちゃいけないらしいです.落ち込むそうです.

■新幹線50年

最後に乗ったのはいつだったでしょうか.有楽町付近などでビルの間からにゅーっとでてくると、かっこよさにドキッとします.

■starship

どれも独創的でstar trekで躍動します.機械が自ら能力を持つ未来は来るのでしょうか?ちょっと怖いですね.毎月増えます.

□AEDの活躍

当然ないにこしたことはありません.設置して7年くらいでしょうか.当然ですが小児にも対応できます.近隣で何か起きた場合は持って行けるようにしないといけないですね.

■模様替え

都立病院より早くから育っていたシンボル的待合室の樹.安全のために切り倒しました,残念です.樹の周囲の机に椅子を乗せて遊んだり他の高いところに上がるお友達もいました.事故が起きてからでは大変です.家でもいつもの風景の中に事故の原因が隠れています.そして赤ちゃんの発達は思いのほか早いものです.事故は事前にふせげる可能性があります.

■前兆.座ってみると・・

旧い車に乗っていると座った瞬間やエンジンのかかり方で今日調子がよいか勘が働きます.朝にいつもの椅子に座るとバキバキと異音、次の瞬間なぜか背中に水が!ウォシュレットが故障しました.

■床屋さん

開業して乳児から知っている保育園児が最後の健診.何になるの?サッカー選手,お花屋さん,そして出た「忍者!」.

■ノロの予防

どうやっても100%は残念ながらないかもしれません.私が気をつけていることは,手をあまり顔にもっていかないこと.人は知らないうちによく顔を触ります.

■悪役のテーマソング

STAR TREKならばKLINGON,STAR WARSならばDarth Vader.悪役がいての主人公ですが悪役のテーマはいい曲が多く聴くとぞくぞくするのは私だけでしょうか

■猫の代弁

17歳のニャンコが夜中だけ何度も鳴いて起こします.獣医の先生は”暗くて不安なのかも・・”.私も赤ちゃんの代弁ができるようにならなくては.様々な発想がなければいけませんね.

■Klingonその2

Klingon語も世界の言語の仲間入りです.りんごのカラフルな携帯のCMに登場です.驚きました.全国区です.嬉しいです.皆さん,お気づきになりましたか.

■Klingon

数年前からアプリで勉強していますが発音が難!辞書もあります.皆さんもどうですか?異星人とのfirst contactを目指して

■Voyager(ヴォイジャー)

1977年に発射されて1年前に太陽系を出たことが今回判明しました.次の恒星まで4万年かかります.我々のメッセージは届くのでしょうか.

■V'Ger(ヴィジャー)

2270年,機械惑星で知能を得たVoyagerはV'Gerとして地球を探査しEnterpriseと遭遇します.V'Gerは人間の心を得ることが目的でした.(1979, star trek, the motion picture)

■Enterprise

乗員は様様な人種や異星人まで協力して探査します.小さな国です.

■star trek

TV版からはじまり,未来に向けて映画が作られました.前作,今回の映画はTV版の前の部分です.長い歴史を壊さないようにつじつまを合わせ,オマージュがちりばめられています.そうなんだ,がたくさん. energize!

■star trek into darkness

前作と違いたくさん宣伝されています.今までこんなことはありません.40年以上ファンを続けてきてよかった.live long and prosper

■長期の薬

予防のために喘息では発作がなくてもお薬を飲んでいただいています.発作は抑えられている,発作は起きていないけどいつもで内服を続けるのかご家族はご不安ですよね.風邪や天候不良や様々なことで発作は誘発されます.乗り切りましょう.

■食物アレルギー

原因食物の除去は必要です.しかし除去しすぎても問題です.年齢によってもアレルギーの状況は変わってきます.

■おもちゃ

お気づきとは思いますがクリニックのおもちゃ,現在は撤収しています.ごめんなさい.やはり胃腸炎やRSなどの拡がりやすいウイルスがたくさんいます.今までも消毒はしていましたがなかなか100%はありません.ご理解ください.

■うんち

(1)新生児に近い赤ちゃんでウンチは何色ですか?胆汁の流れが悪いと黄色がうすくなります.ウンチは何番?
(2)こんなウンチでした・・と持参していただきます.一目瞭然で我々も勉強になります.  ご自宅でビニール袋に入れて持ってきていらっしゃると思いますが,ちょっと待ってください.持ってくるときによほど慎重にしないとお母さんの手,衣類,バッグ,ご自宅の中へもウイルスをまき散らしちゃうかもしれません.本当は拝見するのが一番ですが携帯の画像も十分に雰囲気がわかります.

■宇宙

スペースシャトルで355人のパイロットが宇宙に行きました.14人の犠牲のもと宇宙への探査は進みます.その事実を知っていても宇宙飛行士になることは子ども達の夢の一つです.子どもに夢を与えられる方々は素敵ですね.

■宝物

16歳のニャンコは体調を崩して上手に動けません.拾ってきたニャンコは自分のお気に入りのぬいぐるみをおばあちゃんニャンコに運びます.

■宇宙

NASA, space shuttle計画が終わりました.宇宙への興味は尽きず火星に向けてロケットが発射されました.まるで映画を観るようです.
宇宙はfinal frontier になるのでしょうか. live long and prosper

■こどもたち

最近はあまり言われないかもしれませんが“子は宝”.古くさい言葉かもしれませんが今日久しぶりにテレビで聴きました(さだまさしが言っていたかな).復興には時間がかかりますよね.東北に限らず次の世代に少しでも住みよい世の中を残さなければなりません.みんながクリニックから“バイバイ”と手を振って帰ってもらいたいです.